「クレジット払い」でお得にふるさと納税


寄付金控除を受けられたり、お礼の品をもらえたりと魅力の多いふるさと納税ですが、納税するときの支払い方法を「クレジット払い」にすることで、さらにお得にふるさと納税を行うことができるようです。ではクレジット払いにはどんな魅力があるのでしょうか。

カードのポイントを貯められる!

045
クレジットカード払いの一番のメリットはやはりポイントがたまる点です。
例えば、還元率1%のカードで1万円の寄付を行った場合には、100ポイント、10万円の寄付なら1000ポイントを貯めることができます。
ふるさと納税で寄付をする場合は、日常の買い物に比べ大きな金額になることも多く、金額によっては、自己負担額(2,000円)以上のまとまったポイントを貯められる場合もあります。ふるさと納税による寄付金が後から(自己負担額を除いて)戻ってくることを考えるとかなりお得ですよね。
またふるさと納税を行う場合、銀行振込でもクレジットカード払いでも寄付する金額に変わりはありませんし、カード払いの手数料というのも一切かかりません。同じ金額を支払うのであれば、より還元率の高いクレジットカードで支払うのがお得ということになります。

いつでも寄付できる!

furusato_nouzei
ふるさと納税をしたいけれど、すぐに銀行に行けないし、まとまったお金を用意するのが面倒という場合でも、クレジット払いであれば問題ありません。手元に現金がなくても24時間いつでも納付できる上に、2回払いや分割払い、ボーナス払い、リボ払いなどカード会社側で自由に支払い方法を選ぶことができるので安心です。

クレジット払いの注意点


・ふるさと納税をクレジットカード払いで行える自治体は、すべての自治体ではありません。人気のある自治体は対応している場合が多いですが、大きな金額でポイントを貯めよう思う場合には、事前にカード払いに対応しているのかもチェックしておきましょう。
・クレジット払いで決済した日が納付日となりますが、実際に請求がきて引き落としされる日はカード会社によって変わりますので注意しましょう。
・クレジットカードを使用する場合は、寄付する本人名義のカードに限られます。
例えば、妻名義でふるさと納税をする場合には、夫名義のクレジットカードでは決済できませんので注意しましょう。

「クレジット払い」でお得にふるさと納税さいごに

最近ではWebサイトを通して、ネットショッピング感覚でふるさと納税を楽しむことをできるようになっており、それに伴いクレジット決済を受け入れる自治体も増加してきています。
利用価値の高いクレジット払いでふるさと納税を行ってみてはいかがでしょうか。

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ