初めての「ふるさと納税」


私たちが支払っている税金の多くは具体的な使い道が明確にされていません。自分の支払っている税金の使い道を自分の意志で選べたらいいですよね。そんな夢をかなえてくれるのがふるさと納税制度です。では具体的にどういった制度なのでしょうか。

日本を元気にするために生まれたふるさと納税

都会に住んでいる多くの人は地方で生まれ、医療や教育等様々な住民サービスをその自治体から受けて育っています。
しかし進学や就職を機に都会で暮らすようになると、現在住んでいる自治体へ納税を行うことになります。
こうした結果、都会の自治体は税収を得ますが、自分が生まれ育ったふるさとの自治体には税収が入らないと現状があるのです。
都会に住んでいても、自分の意志でふるさとへ貢献し地域の人を応援する仕組みができないか、という思いから生まれた制度が「ふるさと納税」なのです。

ふるさと納税のしくみ

ふるさと納税には、納税という言葉がついていますが実際には自分の好きな地域への寄附のことを言います。
都道府県、市区町村への寄付を通じて地域の人を応援することができます。
 
そして寄付を行った場合、確定申告を行うことで寄付した金額の一部が得税及び住民税から控除されます。
さらには寄附した地域からお米やお肉、お魚などをお礼の品としてもらえることがあります。
 
ふるさと納税は寄付をしてもらう地域、寄付をした人、双方が幸せになれる制度となっています。

ふるさと納税の知っておきたいポイント

・お礼の品がもらえる!

ふるさと納税をすると、各地域からお礼の品を送ってくれる場合があります。お肉や野菜、工芸品、宿泊券や様々な施設の優待券、中にはふるさと納税でしか手に入らない限定品というのもあるようです。

・寄付したい地域を選べる!


ふるさと納税で寄附をする地域は、生まれ育ったふるさとでなくてもかまいません。
旅行先で知った地域、行ったことがない地域など自分で自由に選ぶことができます。いろんな地域を複数選ぶこともできます。

・税金が控除される!

ふるさと納税を行ったあと確定申告をすることで寄付金控除を受けることができます。
控除される額は年収や家族構成などに応じて異なりますが、最大限に控除された場合、自己負担額の2,000円を除いた全額が控除される場合もあります。
寄付金控除額の計算シミュレーションもあるので参考にしてみましょう。

・使い道を指定できる!

ふるさと納税は税金の中でも唯一、寄附金の「使い道」を寄附者が選べる制度でもあります。
お礼の品で寄付する地域を選ぶのもいいですが、使い道で選ぶことでより地域に関わり貢献することができます。

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ