ふるさと納税のデメリット

2017y01m11d_220803349
お世話になった自治体や好きな自治体に寄付をすることで、お礼の品として地域の特産品などがもらえるふるさと納税、確定申告をすると所得税や住民税などの控除を受けられ実質2,000円で特産品をゲットできることからその人気は上昇しています。魅力たっぷりのふるさと納税ですが、デメリットはないのでしょうか。そんなデメリットや注意点についてみてみたいと思います。

寄付金額が分かりにくい

2017y01m11d_220916739
ふるさと納税では、自己負担額2,000円以外が必ず控除されるわけではありません。
また控除される金額は年収や家族構成などによって異なりますので寄付をする段階では正確な金額が分からないというデメリットがあります。だいたいの控除額の目安は前年の年収などからの計算することはできますが計算方法が複雑なので、金額を把握したい場合にはふるさと納税サイトなどにある控除金額のシミュレーションを使用してみましょう。
年収や家族構成を入力するだけで目安額を簡単に計算してくれますので参考になります。

税金がかかっていない人は損をする場合も

2017y01m11d_221008787
ふるさと納税では確定申告をすれば自己負担額を除いた金額が戻ってくることがありますが、あくまでも所得税と住民税から減額されますので控除される金額には限度があります。
税金があまりかかっていない方はふるさと納税を行っても控除を受けられない場合もありますので、結局は出ていくお金が増えるという結果になります。

控除の手続きの手間がかかる

2017y01m11d_220858131
ふるさと納税を行った後、何もしなければ税額控除はされません。寄付金控除を受けるためには確定申告や申請書を提出する必要があり、こうした手続きが少し面倒と思われる方もいるようです。しかし賢くお得にふるさと納税を行うにはその手間も必要なのです。最近では国税庁のホームページで確定申告の方法も分かりやすく掲載されており、必要事項を入力するだけで申告書を作成することもできますので初めての方でもスムーズに手続きができるようになっています。また、もともと確定申告の必要のない給与所得者で一定条件を満たす場合にはワンストップ特例制度で確定申告が不要になる場合もあります。(寄付した自治体へ申請書の提出が必要です。)

特産品が届くに時間がかかる

2017y01m11d_221028501
ふるさと納税の一番の魅力でもあるお礼の品は、地域のお米や野菜などの農作物、海産物などさまざまです。これが目的で寄付をする人も多いと思いますが、ネットショッピングのようにすぐに届くわけではなく申込みしてから平均1,2ヶ月かかるようです。人気商品などの場合は半年近くかかる場合もあるようですので、あせらずに気長に待ちましょう。

ふるさと納税のデメリットさいごに

ふるさの納税のデメリットには寄付金控除の手続きに関するものが多く、それ以外に大きくデメリットになるようなものはなさそうです。
ふるさとを応援したいという気持ちを大切にこの制度を活用してみてはいかがでしょうか。

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ