ふるさと納税のメリット

2017y01m01d_231149089
ふるさと納税を行うと税金の控除を受けられる上に、お礼の品として納税をした地域の特産品をもらえることも多く、その魅力を目当てに納税をする人も多いようです。
そんなふるさと納税のメリットについて具体的に見てみましょう。

お礼の品としてお得な特産品がもらえる!

2017y01m01d_231238855
多くの自治体は寄付に対しての特典を用意しており、ふるさと納税を行うとお礼の品として特産品などが贈られる場合があります。これを楽しみにふるさと納税を行う人もいるくらいの一番のメリットになります。お礼の品の中身はバラエティ豊富で、旬の農産物や海産物、電化製品や日用品、観光施設の優待券や乗馬などの体験費用などを用意している自治体もあるようです。
中にはふるさと納税でしか手に入らない限定品もあるようですので、特典を見ているだけでもまるでネットショッピンをしているような感覚で楽しめます。

確定申告で自己負担額2,000円のみになる場合もある!

2017y01m01d_231355992
ふるさと納税で寄付を行ったあと、確定申告をすると2,000円の自己負担額を除いた金額について寄付金控除を受けられます。(所得や家族構成によって変わります。)
たとえば、1万円の寄付を行った場合、2,000円を除いた8,000円が控除され戻ってくるというものです。
つまり、2,000円でそれ以上の価値のお得な特産品がもらえる可能性があるのです。

寄付金の使い道を指定できる!

061-select_free_illustration
ふるさと納税には日本で唯一税金の使い道を自分で指定できるという魅力があります。
自然保護や、文化・スポーツの為、教育や奨学金の為などさまざまな使用用途があり、自分が寄付したお金をどのように使用してもらいたいかという思いを込めることができるのです。
ふるさと納税は自分が住んでいるふるさとだけではなく、複数の好きな地域に寄付することができるので被災地や応援したい地域に使い道を決めて寄付することで、地域への愛着も湧いてきますよね。

自治体にも多くのメリットがあるふるさと納税

自治体にとっての一番のメリットは、日本全国からの財政収入を確保できるところにあります。
ふるさと納税を行うことによって、収入を早期に確保し、被災地の復旧や復興に役立てたり、地域の活性化につなげることができるのです。
また、寄付する側の魅力でもあるお礼の品を提供することで地域の特産品などをPRすることができるというメリットもあります。
さらに特産品の生産、製造によって新たな雇用も増え、地域はより活性化することができ、ふるさと納税は納税する側にもされる側にもメリットの高い制度と言えます。

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ