バイオマス


バイオマスとは「bio=生物資源」「mass=量」を表す言葉からなり、再生可能な植物の光合成によって作りだ地球温暖化防止、循環型社会の形成などに貢献できるエネルギーとして注目されています。
石油や石炭な水と植物があるかぎり持続的に再生できる資源です。
バイオマスは有機物なので燃やすと二酸化炭素が排出されます。

しかし、バイオマスに含まれる二酸化炭素は植物が光合成によって大気中から吸収した二酸化炭素なのでスゼロ)になると考えられています。
これを「カーボンートラル」といいます。

バイオマスを化石資源に代替えすることによって地球温暖化防止に一役買うことになるでしょう。バイオマス◎廃棄系バイオマス:生ゴミや紙、家畜の排せつ物など。◎未利用バイオマス:稲わらやもみがら、間伐材なすでに海外では、資源作物のトウモロコシなどを栽培し、エタノール燃料として自動車燃料などに使われていこれらのバイオマスは、電気や熱などのエネルギーやバイオプラスチックなどの製品、農作物をつくる肥料なただし、バイオマスを資源とするには手間がかかり、まだまだ十分に活用されていません。

現在、日本で利用されているものは、主に廃棄系のバイオマスの焼却によるエネルギーです。
このときある程度まとまった量の廃棄物を高温で燃焼させるため、ダイオキシンの発生がおさえられます。

バイオマスで地域を活性化


現在は、環境問題で温暖化など異常気象が多くなってきます。
地球規模での環境問題、化石燃料の枯渇、農山漁村の活性化などの諸問題に対応するために、「バイオマス・ニッポン総合戦略」が2002年に閣議決定されました。
その為、自然に優しい持続的に再生可能なバイオマス資源を活用するバイオマス社会の形成様々な取り組みが進められています。

地域資源を活かして、バイオ燃料の製造などその利活用に取り組む市町村を「バイオマスタウン」と呼びます。

バイオマスタウンの定義

域内において、広く地域の関係者の連携の下、バイオマスの発生から利用までが効率的なプロセ
スで結ばれた総合的利活用システムが構築され、安定的かつ適正なバイオマス利活用が行われて
いるか、あるいは今後行われることが見込まれる地域

2017y01m25d_211439182農林水産省のバイオマスタウン構想
バイオマスタウンの公表(第42回)では全国のバイオマスタウンは279地区と発表されてます。

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ