レトロな古民家で田舎暮らし

4
古民家カフェや古民家ギャラリーなどを訪れて、新しい建物にはない、味わいある建物に癒され、将来は味わいある古民家で田舎暮らしをしたいと考える方もいるのではないでしょうか。

その古き良き佇まいは、若い世代の間でも人気のようです。

では古民家にはどんな魅力があるのでしょうか。

古民家とは


梁や柱などの木を互いに組み合わせて骨組みを作る、日本の伝統的木造建築工法で、昭和初期くらいまでに建てられた住宅を、一般的に「古民家」と呼んでいるようです。

農村の民家や町民の民家、武家の民家、庄屋の民家など生活様式によってさまざまなタイプがあるようです。

古民家は物件が安い!

田舎暮らしの魅力でもありますが、都会に比べ田舎では、とにかく土地や物件の値段は安いです。庭や畑付きの古民家が、数百万円という破格の値段で売られていたりします。都会では考えられませんよね。将来は、家庭菜園でもしながらのんびりと田舎暮らしをしたいと検討している方にとって、古民家はとても魅力的です。

独特の風合いでリラックスできる

昔ながらの日本家屋にみられる使い込まれた柱や趣のある太い梁は、建材の希少価値も高いもので、現代の新しい家屋では見られないものです。

また、風格ある外観、自然にマッチした日本の伝統的な美しさは古民家の大きな魅力といえます。

長く住めば住むほど独特の風合いを増す古民家、そんな空間での田舎暮らしは、癒し効果で心が落ち着き、心地よい生活がおくれそうです。

天然素材で健康に暮らせる古民家


古民家の主要構造部には科学物質を含む建材が使われていません。

自然界に存在する素材を壁や柱、塗料などに使っているため、環境に優しく、現代病のシックハウス症候群など建材から出る有害物質で悩まされることもありません。

そればかりか、自然素材ならではの質感や香りを感じられ、健康的な暮らしできます。

リフォームする場合は、リフォーム時の素材を無垢材や漆喰などの天然素材にすれば、さらに安心して長く生活できる住宅となります。

レトロな古民家で田舎暮らしのまとめ

470
長い年月風土を知り尽くし、さまざまな魅力の詰まった古民家、こうした古民家独特の魅力や特徴が現在の古民家ブームをよんでいるようです。

またこうした古民家を次の世代へ残していくことは自然保護・環境保全にも繋がっていきます。

落ち着いた場所でのマイホームを考えている方、田舎暮らしを始めるなら、レトロな古民家を検討してみてはいかがでしょうか。

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ