古民家の定義と種類

最近は古民家という言葉をよく耳にするようになりました。
ですが、実は日本には古民家とはこういうものを指すという定義はまだありません。
どのような家を古民家と呼ぶのか、細かいところは人によって少しずつ違っていますが、基本的には戦前以前のもの、特に大正以前のものをさす場合が多いようです。

また、移築したものや50年以上前の建築材を使って古民家風に建てた建築物も古民家と一口に50年以上たっている古い建築物を古民家と呼んでいますが、その中にもいくつか種類がありまして
農村民家、町民民家、武家民家、庄屋屋敷などがそれです。

一般的にイメージされる古民家はおそらく農村民家ではないでしょうか。
木造で屋根は茅葺きの平屋、辺りには豊かな自然が広がって…そんなイメージかもしれませんね。

実際、古民家の屋根は茅葺きや草葺きだったり、中には茅葺きの上にとたんを乗せていた
また、古民家は当然のことながら木造になります。

使われている木材は欅や檜、栗などになります。
囲炉裏の煙などでいぶされたこれらの木材は色にも味があり、それが古民家の魅力の一つ
また、これらの木材はとても丈夫でその強度は200年〜300年は変わることがないといわます。
松脂とか場合によっては落ちてきます

もちろん木ですから1000年もすれば強度は落ちてくるかもしれませんが、それでも現在も使うことができます。

古民家のイメージ


古民家というとどうしても田舎をイメージしますよね。

もちろん古民家があるのは田舎だけではありませんが、どうしても都会はそのままビルになったりと
古民家を最近活用があるとはいえ、再建築されてしまうことが多いです。
そして、最近では残念ながら農家の後継者がいないなどの理由で田舎の方が家を手放す人も増えたようです。

スローライフや田舎暮らしという言葉もよく聞くようになってきたので、そのために古民家を探したいの
ですが、古民家に住みたいというだけで別に田舎で暮らしたくはないという人もいるでしょう。

古民家が売りに出される場合、ケースは色々とあります。
先にもあった農家の後継者がいないために土地ごと家が売りに出される場合もあれば、家だけを売りに出すという場合もあります。

田舎に暮らしたいわけではないけれど古民家には住んでみたいという人はこの、家だけが売っている物件を探すといいかもしれません。
この場合、建物だけを違う土地へ移築することになります。
古民家の移築は決して珍しいものではありません。


ただ、使われている材木は50年以上の時がたっている分、そう簡単に手に入るものではありません
自分の好きな土地で古民家に暮らしたいという場合は、この移築できる古民家を探してみるといいでしょう。

古民家はほいほいと建てられるようなものではありませんから、もし住みたいと思ってもすぐ 自分の思い通りの家を探すならそれなりに時間もかかるはずです。
ですが、現在では古民家に住みたいという人をサポートしてくれるインターネットサイトなどが存在します。
参考;田舎ネット
http://www.inakanet.jp/v-sell/special2-2.html

家にいながら自分の住みたい地方の古民家について調べることができるんです。
ネットなどでよさそうな物件が見つかったから必ず自分の目で見に行きましょう。
古民家はそれこそ50年以上の時がたっています。

その間、使われていた家もあれば全く使われていなかった家もあるでしょう。
どちらにしろ、古民家は住む前に補修する必要があるものがほとんどです。
どれくらいの傷み具合でどれくらい補修することになるのかは自分の目で見てること、知り合いに詳しい人がいたら一緒に見てみることをオススメします。

よくわからないという人はその物件を扱っている不動産業者に聞いてみましょう。
最近では古民家への移住が増えてきましたから、不動産業者でも丁寧に説明してくれるとこもあります

もちろん、古民家は住むために使わなくてはならないというものではありません。
特に移築ができるものに関しては、カフェやレストラン、雑貨店などに使われる場合もあります

どちらにせよ、補修をして長く付き合っていくことになる建物ですから、自分の気に入ったものにしたいですよね。

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ