様々な農山漁村では、農林漁業の担い手の高齢化・後継者不足や、若者の流出という大きな障碍があります。そのような難題に立ち向かい、地域の産物や自然環境等を持ち込んだ新たな仕事の形成にトライすることにより、地域を活性化していこうとプランニングを行っている地域が存在します。
今、農林水産省の事業の影響を受けて、これらの地域が新事業の担い手となる人材を募集しています。現実的な事業を通した実践・研修を行いながら、農山漁村で働く楽しみや奥深さを知り、やがては地域活性化の担い手として力を発揮していく人材を希望しています。
若い力、都心部で培われたコミュニティ、専門技能、感性など、みなさんの力を地域がお待ちしています。

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ