スローフードとは、普段なんとなく口にしている食べ物のことを見直してみようという提案です。
1980年代、ローマにファストフードの店舗がオープンし「ファストフード」に対抗する言葉として「スローフード」スローフード運動は、
ファストフードに象徴される、大量生産、大量流通、食品添加物といった食の均質化を文化を楽しみ、食の喜びをとりもどそう」と立ち上がった市民運動です。

日々の食事で、素材や料理について考えたり、ともに食事をする人との会話を楽しめる生活を大切にするたつの考え方があります。
《食の源となる種の多様性を守る》消えていく恐れのある地域に根付いた伝統的な食文化を守り、規格・標加工法を発見し守っていくこと。

《生産者と消費者とを結ぶ》質の良い食品を提供してくれる生産者と消費者を結ぶことにより、すぐれた小規それにより、食品の生産に見合う適正な価格で流通するような市場を作っていく。
《味覚の教育》すぐれた素の教育「食育」を行う。

イタリアの小さな町から発足した「スローフード協会」は、やがて世界各国に広がり会員が8万5000人を超えこの結果をみると、食への関心の高さがうかがえます。
こうしたブームを受けて、ファストフード業界でも、スローフードや地産地消のよさを取り入れる動きがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
住民と参加者の交流会

こちらは、http://www.mishima-kankou.net/の福島県奥会津の田舎暮らし体験ツアー
私の感想ですが地元民とんだな~そうですね~と話しながら
ゆったり食べるのも普通と違ったストレス解消になると思います。

田舎は都会と違って月~金まではすごく忙しい
土曜と日曜日は休みという形ではなく
月~日までゆったり忙しいという形で生活するが多いと思います。

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ