images
田舎暮しの農業での水野管理は重要です。
田植え後1週間は水を5cm程度に張り、深水管理をして雑草を発生防止する作業があります。
自分の米の栽培方法さえうまくいけばいいというものではなく、
農家は殆どの場合土地改良区ごとに水利費を支払っているため農業用水はタダではありません

しかし、同じように水利費を払っていても水の使用権は平等ではなく、基本的に上流の農家に優先的に水を要になります
水は農家にとって非常に大切なもので、特に水系が分岐する箇所では水の取り合いになることもあり、ご近日本は水が豊だといってもそうでない地域もある事は水不足のニュースなどでご存知だと思います。

この水路の管理も農家の大切な仕事で、毎年春になると水系ごとに農家が集まって水路の大掃除をやりま去年1年間に溜まったゴミや泥を掻き出し水路を掃除しますが、
参加できない農家はかわりに現金を支払うしかし、最近では高齢化で離農する人が多いことなどからひとつの水系に耕作農家が数軒しか存在せず、
米の栽培方法を通して自然や食の安全だけでなく地域の問題にも目を向けてみましょう

ちなみに、子供を田んぼの近くにおいておくとタニシなど捕まえて遊んでいます。
子供の田舎での遊びはすごく楽しそうです

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ