田舎暮し:エコ体験


田舎暮らしはなにかとエコ体験ができます
子供が喜ぶ手作り玩具でエコ体験です。最初に紹介する玩具は「ペットボトルのマラカス」です。外出先などペットボトルを使用して作れる即席玩具です。

電車やバスなどの公共機関での利用は不可ですが、自家用車でのお出掛けで退屈したり、おじいちゃんや場合でも、すぐに作れるので安心です。
飲み終わったペットボトルにぶつかってもかまわないものや壊れても幼児は音の出るものや手に持てるものに興味を持つので玩具代わりになります。
もう少し凝ったものを作り塗ったりすれば可愛く返信します。

カラフルなアイロンビーズや鈴を入れても楽しめます。
ペットボトルで3度美味しいエコ体験です。
トイレットペーパーの芯を使ってのエコ体験玩具も紹介しーセロファンを張り「トイレットペーパーの芯の望遠鏡」ができあがります。首にかけられるように穴を開けて芯を2つ使って長い望遠鏡もできますし、二つ並べてくっつけて「双眼鏡」にしても楽しいです。
どうせ捨てるものを最後まで楽しみましょう。
捨てるものを利用して楽しい玩具に変身させるエコ体験は、なにかと貴重な体験になります。
お子様にも優しく体験させてあげてください。例えば、長方形に捨てる紙を切れば、「折り紙」になります。
また、包み紙で小さな箱を包装してあげれば、小さなお子様が楽しみなが玩具を隠しておけば楽しさ倍増します。

田舎暮し:夏のエコ体験


夏ならではのエコ体験です。随分前から、電力会社が推奨してる、夏場の冷房の温度を27度から28度に正直、部屋でゴロゴロと横になってテレビを見るだけなら27度から28度の設定で十分耐えられます。
だけどキツイです。
でも意外と汗をかいた後は、エアコンの冷房よりも扇風機の風の方がさっぱりと気持ち良かっただと、暑苦しさを感じますが、こちらも扇風機の風をプラスすると暑苦しさが和らぎ、逆に心地よさを感じますー乾燥も少し楽だったり。
省エネのためのエコ体験というより、モノグサ人間のエコ体験って感じですが。

自分が涼しく感じるようになればパワーや風量を弱めるというのが良いです。
もちろん、部屋を冷やし始めるなく部屋を涼しくしてくれます。
電力会社の勧める夏場の冷房の冷やしすぎをしないというのを都市部の温度上昇を防いでいけるのではないでしょうか。

冷房の温度設定のエコ体験は一人の気持ちから始まりますが、多くの気持ちが集まれば、多くの人が省エ都市部の気温が下がりにくい悪循環の一つ
冷やしすぎによる室外機が影響しているという認識を1人1人認識し、また環境や地球のために是非ともエコ体験してください。

田舎暮し:エコ体験。子供も一緒に


大人も楽しめる、また子供とも一緒に楽しめるエコ体験をしましょう。
小学生のお子様の夏休みの自由課題子供だけじゃなく、大人も楽しめるエコ体験です。
夏は暑いし、暑いから水遊びが人気になります。

水遊びする場所をプールから河原に変えてみませんか?
河原遊びというとバーベキューやテントだとか仰々しい一大イベントを連想させますが、日帰りでお弁当をもってテントを張って豪華にお肉を食べていようが気にしないで、自分だけの楽しいエコ体験として、自分なりの楽しんで、そして、河原で水遊びを楽しむついでに、石ころを探してみましょう。


いろんな形の石ころが落ちています。上丸く小さな石が多いです。
お気に入りの形の石を拾って持って帰ります。小さなお子さん(幼児)には下流の丸持って帰った石をよく洗い、アクリル絵の具を用意して石に自分が感じたまま、色を塗ったり絵を描いたり。
マジックで顔を描いても楽しいです。

ティッシュの空箱やお菓子の空箱の上部を切り取り、中の何も書かれていない面に色を塗ったりして、河原だけじゃなく、海へ出掛けて、浜辺で拾った石や波に洗われて丸く石のようになったガラス、落ちているそんなものも拾って持ち帰り、ペイントしたり、箱の中に設置したり。
河原や海辺へ遊びに行った際には、ゴミはきちんとゴミ箱に捨てるかゴミを持ち帰ることを前提と考えれば、ペットボトルのお茶は買わずに水筒のお茶を持参したり、繰り返し使えば立派なエコ体験の一つです。

田舎暮し:自分にあったエコ体験


エコ体験は、いろいろあるので、自分にあった長く続けられるエコが良いでしょう。
限りある資源を守るために、木の伐採を少なくするためには、自分専用の洗えば何度でも使える箸を持ち歩できると思います。
1日3食を外食などで賄っている方は、単純計算で90本使う割り箸を1本の箸で済ませその1本の箸は、普通に考えれば、1年でも2年でも壊れることなく使うことができますので、相当な数を節約できます。
洗えば繰り返し使える容器を使用すれば、それだけの資源を無駄にせずに済みます。
初期投資に数百円かかるかもしれませんが、最近の物は耐久性にも優れているので、お財布にも優しいで使えるのですが、そこまでして使うなら、蓋付の容器を使う方が、洗う時も簡単で済みます。
気になった時からエコ体験ができます。当たり前かもしれませんが、食べ残しを減らすのも立派なエコ体験です。

地球は水に恵まれていて、我が国、日本もとても水に恵まれた国です。
だからといって水を汚すことは極力避けていきたいです。(自然に浄水の場合)油を流すなんてもってのほかです。
たまたま水に恵まれた国に命を授かりましたが、海外では、必ずしも日本とおなじではありません。水にお金をかけて温暖化で飲料水に適した水が手に入らなくなる前に、少しでも水に困る国を考えて、最終手段の海水から生活飲料水に適した水に変える実験なども盛んに行われているので、人類故郷の水に優しいエコ水のためを思えば、木などの植物のため、植物を利用する人間のためのエコ体験(エコ生活)です。

田舎暮し:楽しいエコ体験


ペットボトルゴミを減らすための楽しいエコの紹介です。
ペットボトル飲料って、買って飲むのは簡単で良いですよね。
どこでも売ってるし、手軽に気軽に飲めてしますよね。

でも欠点は、飲み終わったペットボトルが部屋の中でかさばることです。
ペットボトルは、リサイクルできる資に資源ゴミとして出すまでが邪魔な存在です。
ラベルをはがして、キャップは別にして、潰して捨てる。そんな変わらないです。

美味しいお茶を煮出して、耐熱性のガラスやプラスチックのボトルに入れるだけでペットボトルが減ります。
お茶を煮出して自分で作るのって、お財布にもとても優しいのです。
お金のことは気にしないというなら、美味しいお茶や珍しいお茶に凝るのも楽しいです。
ペットボトルで入れれば、自分にも優しいです。
例えば、ちょっと前に流行りましたが、「杜仲茶」はメタボリックシンドロームの予防、健康を気にするなら「はと麦茶」、冷え症の改善や便通を整えたいなら「どくだみ茶」などがあります。
これらのお茶入手するのも簡単です。
温かいお茶が飲みたいのであれば、保温できる水筒やポットに入れておけば、温かいお茶を楽しめます。
茶でも冷たいお茶でも持ち歩くのを習慣とすれば、もちろん節約になりますが、香りの良いお茶を楽しめます。
地球にも優しいので一石五鳥になるかもしれません。

田舎暮し:ロマンチックなエコ 体験


少しロマンチックな夜を過ごせる楽しいエコの紹介です。省エネで地球に優しく、また、副交感神経を刺激してくれます。
恋人との電話タイムの時に。家族があるなら、家族が揃う時間に。1つの部屋に集まり、不要な電気を消し自分にも相手にも家族にも優しい時間ができあがります。

キャンドルの光って副交感神経を刺激するので、リラックスできるのです。
そんなリラックスした時間を設けられ心が穏やかになれば相手にも優しくなれるし、自分自身のメンタル面にも良い作用があります。
香りのあるをしながらのキャンドルナイトもリラックス効果が高いです。

省エネするのも、なるべくなら楽しいエコ生活にしたいですね。1年の中で一番昼間が長い夏至の日の夕方キャンドルを灯せば違和感が少なくなります。

七夕の夜に日本中がキャンドルナイトをしたら天の川を見れるかもしれないと考えれば、省エネだけじゃなくクリスマスや記念日に洋風の食事を囲みながらのキャンドルナイトも素敵です。

そんな時は、思いっきり楽しめるように色とりどりのキャンドルを灯すのも良いですね。楽しいエコを心がける強制された気持ちだと、ついつい嫌な気分が先にきてしまいます。

エコ生活を楽しむようになれば長く続けていけます。
長く続けることが長い目で見て、地球や環境に優しいです。
ただ、泥酔されている方は、酔っていない時にしてください。
火の不始末で火事になると、地球や環境に優しい以前に財産を失い、隣ご近所に迷惑をかけてしまうことも

また、お子様は保護者同伴で行なうようにしましょう。寝る前も消し忘れやキャンドルの転倒も注意しましょう。

野菜の余りで楽しいエコしましょう。


冷蔵庫の野菜室の中に必ず残る中途半端な野菜。使い道の料理方が思い浮かばないうちに傷んで捨ててしまう。
そんな中途半端な野菜でも使い道はたくさんあります。
冷蔵庫に朝漬けの素を入れておくと、中途半端に余った白菜やキャベツをザクザクと刻んで、朝漬けの素でもなんでも、漬物にあいそうな野菜なら漬けてしまえば立派なお新香です。

キュウリだってカブだってナスだってミョウガだって、中途半端なものはなんでも漬けてしまいましょう。
財布に優しい、食卓が豊かになる楽しいエコです。
中途半端な野菜やくず野菜だって食べれるんです。
ゴミに出してしまうなら食べてしまいましょう。お
中途半端な野菜を刻んで具にすれば手軽に栄養として身体に取り入れることができます

ほんの少し余ったエノキやシイタケなどと少しだけ使えるところの残ってる大根なども入れてしまえば、立派な具材
なぜか半端に余ったプチトマトは、手間はかかりますが湯剥きして、お味噌汁の隠し味に使えます。

普通いつも通りにお味噌汁を作るだけです。
栄養になりますし。

また、ニンジンの頭の部分(葉の生えるところ)を利用して観賞用植物として楽しむ方法もあります。

田舎暮し:お風呂でエコ


お風呂の温度を何度くらいに設定していますか?省エネのだけじゃなく、楽しいエコしてみませんか?
冬場でも浴室が十分に温められているなら38度から40度程度の自分に合う熱過ぎないお湯の温度が適切です

適切な温度は10分くらい半身浴すれば、顔や頭などに汗をかきだす程度の温度です。
体質にもよりますが疲れが多い方なら最低20分という感じで、浴槽に浸かってみてください。

外気温がさほど低くなければ追い炊きや熱湯の次足しはしなくても大丈夫です。
お湯が残れば洗濯機へ入れて、洗濯に使ってしまいましょう。

汚れ物を洗剤で洗うお湯は最初の洗濯に十分使えます。
水道代節約の楽しいエコで、お財布にも優しく、身体にも良いエコですとにより、筋肉の疲労物質が流れます。
また、内蔵を心底温めることにより、新陳代謝を盛んにしてくれます。そして、肌に負担がかからなくなります。
色々と役立つ楽しいエコです。

もちろん適温の半身浴は副交換神経を刺激して、リラックス効果を与え、ストレス解消に役立つほかに安眠もできるようになります。

人のためになる楽しいエコの紹介です。ベルマーク活動ってご存知でしょうか?


ベルマークというベルの形のマークがついている商品があります。
このマークには会社別の番号と点数がつ切り取り集めておくのは慣れていないと面倒なのですが、このマークを集めてあげて、ベルマーク活動に参参加している学校では、点数を集めると点数に応じたお買い物ができます。
普段は何気なく捨ててしまうゴミの一部を切り取って集めて寄付するだけで良いのです。
ゴミの一部がお金に地域のための楽しいエコです。学校によっては、たまった点数を地震等の被災地に寄付しているところもあした数点が世の中の誰かのためになるというものです。

学校によっては地域の企業や図書館や店舗などの窓口にベルマーク回収のための収集箱を設置しているご家庭に聞いてみるのも良いと思います。

使い道は、被災地への寄付のほかに、集まった点数によって、子供たちの教育のための講師を呼んだり
様々な体験のための道具、例えば、一輪車や昔遊びの道具を購入したりできます。
協賛メーカーが発売して体育館におく暖房設備なども購入できます。

これは、普段捨ててるゴミが子供たちのためになる、素晴らしく楽しいエコです。
ベルマークを探したり、切り取ってから捨てるのは慣れないと大変手間がかかりますが、子供たちの為になるのではないでしょうか。
ほかにもペットボトルのキャップを集めてお金に変えて寄付する運動などもあるので、エコ活動していってみてください。

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ