田舎暮らし体験ができる「リゾートバイト」で覚悟しておくこと


週末の休みや、GW、年末年始の休み、夏休み、冬休みなどを利用して、田舎の大自然を満喫できるリゾートバイトに興味がある方も多いのではないでしょうか。
空気のおいしい土地でプチ田舎暮らし体験ができたり、あたらしい友達ができたりと魅力たっぷりのリゾートバイトですが、仕事を始める前にデメリットも知っておいた方がいいですよね。
今回は、リゾートバイトするときの注意点をいくつか紹介したいと思います。

田舎の自然を受け入れる

9
リゾートバイトは、大自然を体で味わえることが魅力ですが、自然は人間が作った都会のように便利ではありません。
冷暖房など、空調管理が徹底しているとも限らないので、日常生活に比べて暑い、寒いなどは当たり前です。

また、場所によっては虫や動物などが出てくることも多いです。
田舎暮らしでは普通のことですが、都会生活しかしたことがない方はありえないと思うかもしれません。

人付き合いなしでは働けない

5633515_l
リゾートバイトでは、期間中一緒に働く人や地元の人、お客様など初めて会う人たちと接することになります。
田舎暮らしでは当たり前のことですが、地元の人たちとのコミュニケーションはとても大切です。
田舎の人はやさしく他人への関心も強いので、親切に何かとめんどうをみてくれることも多いです。

そういった人付き合いがめんどう、干渉しないでほしいと思わず、心を開いて積極的にコミュニケーションをとっていくことも必要です。
人との出会いや絆はあとできっと大切な思い出になると思います。

行ってみないと分からないこともある。

25038144_l
リゾートバイトは、全国各地のいろいろなところが職場となります。
都会では普通にあるものも、田舎暮らしではなかったりします。

気候も違う、周りの人も知らない人ばかり、何もかもが新しいことという状況をある程度覚悟して行っても、やはり行ってみないと分からないことが多いです。
だからといって、自分には合っていないとすぐに判断はしないことです。しばらくいると、田舎暮らしも悪くない、職場の仲間ともいつの間にか仲良くなっているということも案外あったりします。

初めてのことで、不安になったり、うまくいかないと辛くなったりすることもあると思いますが、他の仲間ももしかしたら同じことを思っているかもしれません。

思い切って打ち明けてみてもいいかもしれません。

それでもどうしても、辛いときには、リゾートバイトは期間が決められたバイトというメリットがあります。

終われば、戻ってこられますので、割り切って働きましょう。

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ