ウーフとは、農業体験と交流のNGOです。


WIKIにもありますが
1971年にロンドンで設立され、その後多くの国に広まる。また、ウーフにおいて手伝いをする側の人々はウーファーと呼ばれます。
オーガニックな職場に労働者を斡旋する「登録派遣」のようなものです。
ただし、労働に対するお金は支払われません。

そのわけは、「食事・宿泊場所」と「労働」を交換するシステムだからです。

ウーフは1971年イギリスで始まり、今では世界20か国以上に発展しています。日本では、1994年に誕生。2002年WWOOFジャパンとしてwebを開設し多くの人がウーフ体験をしています。
Willing Workers On Organic Farms(「有機農場で働きたいと思っている人たち」という意味)の頭文字をとって有機農場や自然が豊かに残っている所、環境を大事にする人達、人と交流することを大切にしている所とそ「食事・宿泊場所」を提供する側をホストといいます。有機農業を実践、または関心のがあり、食事と寝泊ま「労働力」を提供する側をウーファーといいます。ホストのところで作業ができる、健康な精神と肉体をもって年齢の上限はありません。ウーファーは、有機農場やオーガニックな生活をしているホストと生活を共にし、学習できます。

いつもは知りえない人との出会いをとおして、ライフスタイルを見つめ直すことができます。
また、日本のみならず海外でもウーフ体験ができます。

「お金をかけずに海外にいきたい」「観光ではない滞在をしたい」など理由はさまざまですが、現地の文化・こホストはウーファーを労働力としてだけではなく、友人として、家族として、同志として受け入れてくれます。
ウーファーと接することにより視野が広がります。
ウーフは「食事・宿泊場所」と「労働力」を交換するだけではない「プラスα」を求める人々が集まります。
ウーフ。

メリット:

1、ドイツやフランス、イギリス、スイス
など多くの国の人と一緒に働ける。

日本よりヨーロッパの方がウーフの制度は有名です。

日本にウーフしに来ているフランス人にも
会った事ありますが、ウーフを使うのが
結構ポピュラーなんですね。

2、宿泊費・食費がかからない

ホストのファーマーが住む場所
食べ物を提供してくれるので
お金を使う事がほとんどありません。

3、仕事の待ち時間がない

仕事を始める前にホストのファーマーと
いつから働くかを決めるので待ち時間は
ありません。

デメリット:

1、登録料がかかる

WWOOFの事務局に登録して会員サイトへの
アクセス権とウーフ本を手に入れる必要があります。

2、セカンドが取れないファームも
登録されているので、注意が必要。

ビザに関しての法律は頻繁に変わるため
前の年にOKだった仕事も今年はセカンド
取るためのファーム仕事とは認められない事があります。

例えば、

WWOOF受入れホスト宅での庭の手入れや家の掃除などは駄目。
観光の乗馬ファームなどで馬やお客様のお世話などは駄目。

昔はOKでしたが今はセカンドの
申請が出来ない仕事になっています。





手続きが多いし、ビザ申請代のほかに郵送費もかかります。
日本の普通のファーム(農業研修など)

メリット:

1、登録費用はかからない

ウーフのような登録費はかかりません。

2、お金が稼げる

ウーフではお金は稼げませんが
普通のファームは仕事としてお金が稼げます。

4、時期と場所が当たればアジア、南米、などの世界各国の人と友達になれます。

基本は、私は中国人とブラジル人と知り合いになりました。
ブラジル人のお宅でお肉パーティや、中国人と鍋パーティなどもしました
紹興酒をちょっとホームシックの知り合いに飲ませたら初めて飲んだと
どこの酒だと話になってなかなか面白かったです。

デメリット:

1、仕事がない時がある

不作の時、豊作でも人が集まりすぎている時こういった時期にファームに行くと仕事がないという事態もおこります。
また、季節ごとにばっさり切るもしくは、季節もので早めに作物ができてしまったら
そのまま終わりの時もあります。

2、宿泊費、・食費がかかる

シェアハウスや提携している民宿
(大体2000円か1500円一泊計算ですね。)
しっかり宿を決めないと季節労働は逆に費用が高くなる可能性があります。
ですから住むことになるので宿泊費はかかるし、食費もかかります。

ウーフとファームの働くこと
一時的な人、一生の仕事にしようとしている人
いろんな可能性を挑戦してもらえれば幸いです。
以外にいろんな友達と知り合って楽しいですよ。

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ