田舎暮らしでの新規就農について


世の中が不景気だと言われている昨今、リストラで職を失ったという人も少なくはないと思います。

そのような状況の中、日本の農業人口は減少の一途をたどっています。
最近では新規就農を援助する団体が活動を盛んにしていたり、地方自治体で新規就農に力を入れている所もあります。

田舎暮しを希望する人の中には農業に憧れている人も多く、その中には新規就農される方もいます。
外国からの輸入食品の安全性が疑問視され、国内で安全に作られた作物の評価がかわりつつあるといってもいいかもしれません。
しかし、新規就農となると話はそう簡単にはすみません。
実際、都会でサラリーマンしか経験のない人が田舎で農業を始めることは想像以上に大変です。

農業に関する様々な法律、そしてその土地での独特な決まりごと、何よりも農作について作物や農法など
これらを考えると新規就農は生半可な気持ちでひょいっと始められるものでは決して言えません。

家庭菜園とは違い、農業は気軽に始められるようなものではないのです。
それでも、本格的に就農したいという人には力を貸してくれるところがあります。
各地方自治体の窓口に問い合わせるのもいいですし、全国新規就農相談センターです。
最近ではインターネットでも多くの情報が公開されていますので、農業を始めるまえに調べておきましょう。

全国新規就農センターへ行ってみる


全国新規就農相談センターは新しく農業を始めようとする人々に対して情報提供
ホームページでは日本全国どの地域の住民でも新規就農のための情報提供をかわからないという人や、実際に農業を始めたいと考えている人、農業までは考えていないけれど田舎暮しを目指したい人も見ておくことをお勧めします

全国新規就農相談センター、農業振興公社の一覧まとめ

全国新規就農相談センターの情報は新規就農に必要な知識から、農業法人へ働きたい人まで幅広いです。
農業体験や農業研修の情報もあるので、農業を実際に始めたいと考えている人には有益な用法があります。
また、農地法の関係で農地を買う際に必要な法律的な情報もあるので、農業を始めると決めているわけも全国新規就農相談センターの情報は有益でしょう。

ホームページでは日本全国の新規就農希望者へのサポートが行われていますから、移住先が決定した人や、農業をどこで始めたいかが決定している人は各地方のセンターに相談するといいでしょう。

都会でしか生活したことのない人にとって農業は想像できない部分が多い仕事です。

全国新規就農相談センターのような、情報提供や相談にのってくれる組織をうまく利用しましょう。

新規就農する前に、農業インターンシップ

いきなり農業を始めるということがどれほど大変なことかということはたいていの人はイメージだけはできていると思います。

田舎暮しに憧れ、できれば農業も始めてみたいと思っても大変だとわかっている
農業インターンシップはそんな就農希望者に農業を体験してもらうための機会を与えてくれます。

対象は現在まだ学生という人から社会人までと幅広く、研修できる場所も日本全国各地あります。
農業インターンシップにかかる費用は上限が3万円と抑えられているので、学生の方もお勧めです。


期間も1週間から1ヶ月程度で、平均は2週間となり、社会人であれば通勤というすることができます。
農業に興味があり、実際に農業に参加できる健康な体と体力があれば誰でも参加できます。
本格角的に参加した後に無理だとわかったのでは遅いという人は農業インターンシップで一度経験を積んでみるのがいいでしょう。
親が専業農家出の体験者の経験から言わせていただくと儲かっている方の色々黒い部分や理不尽な部分や楽しい部分など様々体験できます。
また、その時の友人は本当によい友達になったりします。

ただし、農業インターンシップという制度自体が農業法人の好意によって成立してのためですから、少なくても研修期間はきちんと農業に従事し、農業に対して真摯な姿勢で取り組まなくてはなりません。
始めから体力に自信がない、他人に指示されて仕事をする気がないという人は農業インターシップはおすすめできません。

田舎暮し・農業インターンシップ


現在農業体験が全国で開催されていますね!その中でも注目の農業インターンシップをご紹介します。
農業インターンシップとは学生・社会人の皆さんが農業法人等で就業体験をする制度です。

全国農業会議所では、平成11年度から農業インターンシップを実施しています。
その目的とはなんでしょうか?
1つ目は農業を就職先の候補として考えてもらい業界をまずは知ってもらうこと、
2つ目は日頃食べている食料とその生産について関心を持ってもらうことです。

その中で日本の食料・農業事情について実態を知る貴重な体験になることでしょうね。
次に応募資格や詳細をご紹介します。

研修期間は1週間から1ヶ月以内(原則2週間)以上で通年受入れ可能です。
学生さんは参加費は無料ですが、場所にいく際の交通費は実費になりますので
よくご確認の上申込ください。

社会人の方は1週間あたり1万円です。(宿泊費・食費の一部負担として)
上限3万円なので、研修期間が1ヶ月になる場合も参加費は3万円となります。
宿泊費は受け入れ先が負担してくれますから安心ですが
原則として体験は住み込みとなり、但し社会人は通勤も可能です。

応募資格は経験問いませんがルールの守れるかたで、ますは農業に興味関心が
ある方で健康で農作業のでき体力のある方です。

まず体験を行うには遊びではありませんし、体験にこられている方はみなさん真剣
に農業を仕事にしたい方ばかりです。
農業法人が体験費も安く宿泊費も負担してくださいいます。

思いはただひとつこれから将来を担う若者に農業の楽しさや大変さを知って
もらいたいというお気持ちからなので、体験中はなんでも積極的に行動発言し
精一杯頑張ってきてください。

農業会での就業を目指す方に日本の検定ブームにのり、日本農業技術検定が
あります。

詳細はこちらをどうぞ!
http://www.nca.or.jp/Be-farmer/kentei/

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ