鉄腕DASHに出て来たDASH村の詳細

田舎暮らしに憧れる人の中には、TOKIOが出演する「DASH村」が影響している人もいらっしゃると思います。

しかし、気が付けば「DASH村」は映像に出てこなくなり、今では「DASH島」など別の企画に移っています。
それは一体なぜでしょう?
そこには大きな災害が関係していました。
そこで今回は「DASH村」についてまとめてみました。

【DASH村とは?】

日本テレビ系列『ザ!鉄腕!DASH』の番組内で、2000年6月4日から放送された番組コーナー。「日本地図にDASHの文字を載せる」という目的で始まり、TOKIOのメンバーが協力して新たな一つの村を作っていくプロジェクトです。

■プロジェクト内容

 ・月3万円で借りられる土地
 ・人の生活が可能な村を作る
 ・地図に「DASH村」の名前を載せる
  (最終的に地図には名前を載せられなかったが、Googleearthには載っているそうです)

■所在地

 ・福島県双葉郡浪江町山間部の津島地区

■DASH村の仲間たち

 ・地元の人達 
 ・アヒル隊長(オモチャ)・・・DASH村の村長。マスコット的な存在
 ・八木橋一家(ヤギ)・・・別の企画で共演した仔ヤギ「八木橋」をDASH村で飼う事に。
  そこから結婚し大家族へ拡大→妻・長男・次男・長男の嫁・孫・孫の婿・曽孫・曽孫の婿・五世・五世の長女・三男・次女・三女・四女・四男、と世代を超えてDASH村で誕生!
 ・北登(柴犬)・・・名前は視聴者の投票で決定!DASH村で一緒に成長する番犬。
 ・アイガモ・・・アイガモ農法で水田の害虫駆除要員の為に迎え入れた「アイガモ隊」。
 ・テンとシロ(ひつじ)・・・姉妹のひつじ。2009年の6月に家畜としてメンバー入り。
 

■TOKIOが手掛けた建物

 ・DASH村役場
 ・椎茸栽培所
 ・炭焼き窯
 ・炭小屋
 ・北登や八木橋の小屋
 ・溜池
 ・露天風呂(鉄砲風呂)
 ・水田
 ・水車小屋
 ・果樹園
 ・登り窯
 ・茶畑
など。アイドルの枠を超え、TOKIOメンバーが身体を張って建築する姿は感動でしたね!

■TOKIOが手掛けた産物

 ・農産物・・・色々と農産物を手掛けているが、中でも「男米」というブランドのお米が有名に。
 ・無農薬農薬・・・原料は食べられる物。牛乳などを利用した人に優しい農薬。
 ・木炭・・・現在も東京都練馬区旭丘の木下薪炭店の店頭で見る事が出来ます。(非売品)
 ・漬物
 ・和紙・・・杉の皮や白菜を利用して和紙を作る。デカかぼちゃを使って和紙を作り、障子に使用した事も。
 ・キムチ
 ・豆腐
 ・俵
 ・お米
・うどん
 ・湯葉
 ・納豆
 ・砂糖
 ・春雨
 ・天然水
 ・落花生
 ・墨
 ・豆板醤
 ・醤油
 ・梅干し
 ・ラー油
 ・煎茶
 ・福神漬
 など。こう見ると、本当に凄いですよね。一から作るのは大変な事ですし、番組中は失敗もしていました。成功だけではない、難しさも伝わる内容だったと改めて思います。

■DASH村での火災事件

もちろん、住むうちは事件も起こります。一から制作するなら尚更リスクがあるでしょう。
・村役場の火災
 ・・・2003年1月19日に起きた火災。原因はスタッフの火の不始末とされているが、建て直しが可能であったので、皆で修復した。
・炭焼き小屋の火災
 ・・・2006年1月19日に起きた火災。皮肉にも前回の火災と同じ日付に事件が起きてしまいました。炭焼き小屋の屋根に、火入れをしていた窯から火が燃え移った火災。
村役場の火災は福島県のニュースでも伝えられたそうで、DASH村の場所がバレたキッカケになったそうです。

【DASH村を支えた重要人物】


DASH村で目立つ存在だった人物を覚えているでしょうか?
TOKIOのメンバーに、農業や民家の再生などの田舎暮らしを一から指導し、支えとなっていた「三瓶明雄さん」です。
DASH村の企画が始まる前に奥様を亡くし、息子さんと2人で番組に参加。息子さんもよく映像に映っていましたね。
 
 
明雄さんは農業の達人と呼ばれており、農作物の作り方から建築まで幅広い分野の知識を持った人で、TOKIOのメンバーからもかなりの信頼を置かれた人物でした。
中途半端が嫌いで、TOKIOにも容赦なく厳しい指導をするスペシャリストです。
 
その明雄さんは残念ながら2014年6月6日に急性骨髄性白血病で亡くなったそうです。
これはネットやニュースでも大きく取り上げられたので、記憶に残っている人も多いはず。
 
一般人でありながら、ここまで有名になった明雄さん。
一から物を造り上げる姿に多くの人が感動し、その知識の深さに感嘆した人が全国に多くいる証拠ですよね。
 
 
実際に当時TVを見ていた側からすれば、農業や田舎の暮らしにとても興味が持てたのも、明雄さんの存在があったからだと思います。

【DASH村の今】

では、なぜ突然DASH村の映像が出て来なくなったのか。
原因はあの2011年3月11日の『東日本大震災』です。
 
忘れもしない大きな災害であり、現在も未だ爪痕が残ったままの悲しい状況が見受けられます。
福島県で思い当たると思いますが、大震災で影響を受けたのは原子力発電所。
DASH村はその20~30km圏内に位置していた為、避難指示が言い渡されました。
 
 
当時ロケ中だった出演者やスタッフは村から離れなければならず、最初は避難指示だった指令が「計画的避難区域」へと変わり、さらに「帰還困難地区」に指定されてしまったので、DASH村へは帰る事も入る事も許されない状態に。これが、突然放送が出来なくなった原因でした。
 
福島県にDASH村がある事を知らない人からすれば、「震災に配慮」という気持ちで待っていたでしょう。
震災から約1か月後、初めてTVでDASH村の所在地に触れ、今の現状を伝える内容を放送し、そこで初めて知る人も多かったと思います。
 
そこではDASH村を支えてくれた地元の町民や、家畜たちの無事を放送していたので、安心したのを覚えています。
これまで築き上げて来たモノを一瞬で奪ってしまう自然災害!自然災害だけは対処の仕様がありませんが、造り上げて来た努力を知っている分、悲しみもひと際です・・・。

【まとめ】

DASH村を見て習った事は、「田舎で暮らすにはそれなりに知識が必要な事」と、「失敗しても諦めない事」が重要だという事。
農業は簡単な作業ではありません。
建築も失敗すると大変な事になります。
 
食べ物を一つ作るのにも大変な時間がかかります。
それでもDASH村が大きくなれたのは、諦めないメンバーの挑戦と支えてくれる人の力!
 
現在は、違った企画で新しいチャレンジに挑戦し続けるTOKIOを見る事が出来ますが、前に前に進む姿は多くの人を感動させてくれます。
いつか、またDASH村に踏み込める日が来ますように・・・!

田舎でのお米作り体験をしたい人におすすめ